5匹の Funny Story 〜 チビデカコンビ

シニア犬との優しい穏やかな生活から一変、やんちゃ盛りとの奮闘生活

モコのいないモコのお誕生日

3月2日

どんなにこの日を待ちわびたことでしょう。

本当なら、モコを囲み、『18才。おめでとう!』ってお祝いしてたはずなのに。

悲しい、涙の2回目の月命日になってしまいました。

2日は、アミの月命日でもあります。

モコは、女の子のお祝いの雛節句の前日にこの世に誕生したんです。

モコママも、同じ3月生まれです。

18才の誕生日を祝いたかったのは、モコママの一方的なわがままです。

そう、モコは十分過ぎる程頑張ったのですから、きっとこの世には何の未練もないはずです。

見えない生活を5年近くも経験し、文句も言わず与えられた環境の中で

精一杯、健気に生き抜きました。


今日、とっても素敵なお花が届きました。

パンダ園長さんからです。

LCBrahQdBsA_Vj41425291962_1425291981.jpg

ピンク色のお花は、モコのイメージにぴったりで
犬達のメモリアルコーナーがとても華やぎました。

お祝いメッセージもありがとうございました。
17才のテリー君、モコが果たせなかった18才のお誕生日、お祝いしようね

今日は、すず♥ママさんに頂いた、「ありがとう」のろうそく灯し

Kinshiroさんに頂いた香りの良いお線香たき

lyVeVI7zSg99WTp1425304903_1425304969.png


モコの大好きだった、牛ステーキに入間のサイボクの豚肉、焼き芋、

それに、春を告げる菜の花に女の子のお祝いのちらし寿司もお供えしましたよ。

adQyqD62AAO7vjA1425292089_1425292139.png

モコママ、なんとか前向きに今いる子達と楽しくやってます。

だけど、ポッカリ空いた心の空洞はまだ塞がりそうになく

ちょっと、泣き虫になっちゃいました。

NubpmODdYbDCue91425292023_1425292032.jpg


命あるものはかならず死が訪れ、生者必滅はさけられません。

でも、モコは、モコママが生きてる限り、モコママの心の中に生き続けます。


命は、生ある者に与えられた大切な時間、粗末に扱うのは絶対に許されません。

最近の残虐な痛ましい事件には、目を覆いたく心痛みます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/02 23:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
前ブログはこちら
5funnystorybaner.jpg
プロフィール

mocoママ

Author:mocoママ
子供の頃から大の動物好き。
いつのまにやら気がつけば、人間の数より犬の数が増えていた。
そんな夢の様な生活も終わり、大好きなシーズー犬2匹とも2015年に別れ
只今、チビッ茶2匹と静かに暮らします