5匹の Funny Story 〜 ヤンチャーズ

シニア犬との優しい穏やかな生活から一変、やんちゃ盛りとの奮闘生活

たーぼー、心不全に


たーぼーは、数年前より、三尖弁閉鎖不全症という病気で

左側の心臓弁じゃなく、右側の弁が悪いのです。
普通、歳とって悪くなるのは左側の僧帽弁という箇所
たーぼーの場合、右という事もあり、薬も飲まず様子見だったのですが、
とうとう腹水が溜まり、動けなく、かなりだるそうな症状が出て来て・・・
結局は、心不全なのでしょうね。
お薬を始めることになりました。

ポンタが自由にしてる時は、たーぼーを私のベットの上に
上げてます。
元気過ぎるポンタは、今のたーぼには百害あって一利無しです。
ポンタは、このベットには登れないんですよ。

TyEWWElhRgCtBFC1429434654_1429434686.jpg

不思議ですね、ぐったりして死んだ様になってても、
寝息はとても穏やかで、心臓病独特の咳も出ないし
いびきまでかいてて、それはそれは気持ちよさそうに見えるんです。
それは、モコままがそう思うだけで、本犬は苦しいのかな・・・
そんな風には見えないんだけど・・・


GNqO7zuFWIHIUrn1429434592_1429434622.jpg


でも、たまに何かを訴える時は、ヒ〜ンて凄く悲しげな叫び声をあげます。
大抵は、おしっこか便なのですが、便はもうまともじゃなく
お尻が汚れ、その度洗うんです。

この状態、ラムとモコの最期の時を思い出すんです。
なんだか、嫌な想像ばかりが頭を過ります。

s7zbMCUvoubmVpw1429434717_1429434785.png

ラム、モコ、たーぼーを守ってね。
寂しいかもしれないけど、あまり早くたーぼーを誘わないでね。
他のお友達と一緒に綺麗なお花畑で待っててね

先だって江ノ島に行って来た時、たくさんのチュウリップが見ごろでした

FfSSx6t7PwuabOL1429435424_1429435441.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/04/18 21:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

mocoママ

Author:mocoママ
大好きなシーズー犬2匹とも2015年に別れ。只今、チビッ茶2匹と静かに暮らします。

新着記事一覧
3匹の矢 2018/02/17
いつもの反対側より・・・小心者でも 2018/02/11
立春寒波だけど 昼も夜も気持ちもポカポカ 2018/02/04
4年ぶりの大雪に 2018/01/27
勇気を出して 2018/01/21
おしゃれな街は似合わない 2018/01/14
昔思い出す、うそこメーカーの書き初め 2018/01/08
年末年始は試練のとき 2018/01/06
2018年 あけましておめでとうございます 2018/01/01
今年も後2日 2017/12/30